パドレス通信 vol.4

  • 2021年3月30日
  • MLB

おはようございます。

日本のプロ野球も開幕しましたが、MLBも間も無く開幕です。

①3/14-3/29の成績は7勝5敗3分 スプリングトレーニング通算で12勝13敗2分

②SDの開幕ロースターはどうなる?

3/14-3/29の成績は7勝5敗3分 スプリングトレーニング通算で12勝13敗2分

3/14 CIN 10-4 Win

3/15 MIL 13-3 Win

3/16 CWS 3-4 Los

3/17 CHC 2-8 Los

3/18 OAK 2-4 Los

3/20 LAD 4-4 Draw

3/21 LAA 4-1 Win

3/22 KC 9-9 Draw

3/23 CIN 5-4 Win

3/24 SF 3-7 Los

3/25 TEX 11-10 Win

3/26 SEA 6-3 Win

3/27 LAA 2-0 Win

3/28 CLE 3-3 Draw

3/29 COR 2-10 Los

公式戦ではないのであくまで参考ですが、スプリングトレーニングで所属するカクタスリーグでは11位でした。

タティスは好調維持でOPS1.000以上を記録しています。大谷との対戦で三振を喫したシーンが日本のメディアでもフューチャーされていましたが、シーズンになればやり返しますから。

移籍組ではダルビッシュは最終登板で打たれましたが、8イニングで11奪三振。防御率は4.50ですがこれは最終登板の時の影響です。防御率0.00でシーズンに入るより今のうちに悪いところは出してもらって修正をしてもらった方が助かります。開幕投手ということでチームに勢いをつけて欲しいです。

スネルも最終登板まで防御率0.00です。

マスグローブは4試合登板で防御率4.85ですが、例年と比べるとこれでもいい方なので特に気にしなくてもいいかもしれません。

野手陣ではキム・ハソンが打率1割台とまだアジャストに苦労している模様。ライバルとなるクロネンワースが好調なだけに当分はバックアップもしくはプラトーンでの起用かもしれません。

【SDの開幕ロースターはどうなる?】

ずっと好調だった加藤豪将はメジャー昇格なくマイナーへ。層が厚い内野陣ですからやはり厳しかったですね。年齢も年齢なので40人枠に入る優先度も高くは無いはずです。

ローテは

ダルビッシュ、スネル、ラメット、マスグローブ、パダック、(モレホン)

ブルペンは

右 CL パガーン、メランコン、スタメン、ゲラ

左 CL ポメランツ、ストラーム、ヒル

あたりが結果を残していますのでここにあと2-3人加える形になりそうです。元阪神のジョンソンが3試合で防御率23.14と結果が出なかったのが気がかりです。

野手のプロスペクト陣はとりあえずマイナースタート。まだActiveロースターにいる好調のマルカーノがどうなるかが楽しみですが、ハソンがこのままだとマルカーノの方が期待できるかもしれません。守備が難点なのが玉に瑕ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です