先週の出資馬の結果【スティクス】

おはようございます。

先週はCBC賞にスティクス(牝4・武幸)が出走、久々の重賞出走となりました。

7/3 小倉11R CBC賞 芝1,200m

スティクス(牝4・武幸)

6番人気での出走となりましたが、逃げ馬としては不利な外枠。そして内には軽量馬という中でのレースでした。スタートは決めますがハナは内のテイエムスパーダに譲る展開に。前半3Fが31.8のハイペースでしたが、4コーナーでは番手に付けていたスティクスの方が手応えが悪くなりテイエムスパーダに逃げ切りを許し、1.1秒差の7着/17頭となりました。

  • 2022.07.04 レース結果 7/3(日)小倉11R CBC賞(GⅢ)〔芝1,200m・17頭〕7着[6人気]

    右側にチークピーシズを着用。好スタートから二の脚を活かして、好位2番手で流れに乗ります。勝負どころから前に並びかけようとしますが、残り100m付近で脚色が鈍り、7着入線しています。

    武幸四郎調教師「帰厩後は右側にモタれるところを解消するために右側だけチークピーシズを着けてみたところ効果は感じられましたから、レースでも着用させていただきました。結果的に最後の最後で甘くなってしまったものの、右側にモタれることはなかったですし、スティクスなりによく頑張って走ってくれました。レース後、幸英明騎手は『好スタートを決めることが出来たので、そのままハナに行けば良かったのですが、テイエムスパーダが主張してきましたし、あれ以上付いていくと終いが甘くなってしまうと思い、2番手に控えました。課題であったモタれるところはそこまで気にならなかったですし、チークピーシズの効果はあったと思います。最後の直線では伸びようとする姿勢は見せてくれたものの、残り100m付近で疲れてしまいました』とのことでした。開幕週の馬場で、しかも勝ち馬が軽ハンデを活かしたレコード決着でしたが、その中でも最後まで一生懸命走ってくれたと思います。心身ともに疲労が残るレースだったと思いますから、トレセンに戻って状態を確認した後は、無理せず放牧に出す予定です」

斤量48kgの馬が逃げ切り、日本レコード結果でしたからこれはしょうがないですかね…OP特別では苦戦していましたが今回はよく7着まで粘ったのでは無いでしょうか?

これで一旦放牧だろうなぁと思っていたらまさかの⏬

  • 2022.07.06 所有馬情報在厩場所:栗東トレセン
    調教内容:軽めの調整
    次走予定:7月31日の新潟・アイビスサマーダッシュ(GⅢ)

    武幸四郎調教師「先週の競馬では、最後は甘くなってしまったものの、速い流れで勝ち馬を捉えに行ったこともありますから、その中でもよく辛抱して7着入線してくれました。トレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて気になるところはなく、体調も問題ありませんでした。開幕週の馬場で走り易かったのは間違いありませんし、今回の経験が次走に繋がってくれるはずです。もう少しこちらで様子を見させていただいて、もしこのまま進めて行けそうなら、7月31日の新潟・アイビスサマーダッシュに向かいたい気持ちがあります。賞金的に足りるかどうかも調査しつつ、馬の状態を確かめながらそこに向かえるか判断していきたいと思います」

今年すごい使われてますね〜

過去1年の獲得賞金がある程度あるうちに使っておこうという感じなんですかね?何とか賞金を上乗せしてちょっと休ませてあげたいくらいですね。

*コメント及び写真の掲載についてはシルクホースクラブより許可を得ています。

競馬予想なら!競馬最強の法則WEB


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。