先週の出資馬の結果【8/28-29】

おはようございます。

先週は土曜日にフォアシュピール(4セン・小笠厩舎)が出走しました。

札幌ダート1700mの1勝クラス ニセコ特別に出走したフォアシュピールは好スタートを決めると果敢に逃げの手を打ちました。

道中せり掛けられることもなく、直線に入っても粘りましたが、最後は伸び負けて0.3秒差の4着でゴールしました。

敗れはしましたが、久々に上位に食い込んでくれましたし、「まだやれる!」という姿を見せてくれました。

今回は抜かれても踏ん張っていましたし、少しずつ復調してきたのかもしれません。

滞在で使える札幌は今週で終わってしまうので、今後の選択が難しいですが、スタートが決まるようになったのでもう少し短い距離でもいいかもしれません。

  • 21/8/28  札幌競馬場 28日の札幌競馬では好スタートを切り、まわりの動向を見ながらそのまま先頭に立つ。そのまま直線へ向くと粘りを見せたがわずかに遅れを取って4着。「一度使って良くなっていることを感じることができていましたので、何とか変わり身を見せてもらえればと思っていました。レースは逃げる形になりましたが、ジョッキーに聞くと、何が何でもとは思っていなかったけれど、まわりが行かなかったから思い切って行ってみたということでしたね。勝負どころあたりからいつも頭が上がりがちなのですが、今日は楽だったのか、前回よりもスムーズでしたし、反応もその後の伸びも渋いけれど、ジョッキーも前回の経験を糧にして最後までしっかりと伸ばしてくれました。いい結果とは言えないのかもしれませんけれど、少し光の見える走りを見せてくれて少しホッとしています。滞在していることで気持ちのコントロールができるようになっているのもいいのかもしれませんね。札幌が来週までなのでこの後をどうするか悩ましいですが、何はともあれ状態が大事なので、レース後の様子をよく見ておきます」(小笠師)前走は後方の馬に捲られる変則的な展開に惑わされたこともあり好結果を出すことはできませんでしたが、感触は悪くなく、もう一度ダートへ行ってみたいと思える走りを見せてくれました。連闘策というプランも持ちつつ状況と状態を見て中1週の今回のレースへ向かったところ、好発を決めて自分でペースをつくり、もしやと思わせてくれるほどの走りを見せてくれました。直線では交わされてしまいましたがそこで気持ちが切れることはなく、最後まで粘りを見せて久しぶりに好走してくれました。滞在したこと、久々を使った上積みもあって変わってくれたのでしょう。札幌開催は来週までのためこの後のことを決めにくいところではありますが、今回の経験を機に再びいい成績を出してくれるようになることを期待したいと思っています。

*写真及びコメントの掲載についてはキャロットクラブより許可を得ています。

無料の競馬のコミュニティ【ウマスマ】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。