先週の気になる馬【5/21-22】

  • 2022年5月22日
  • 競馬

おはようございます☀️

先週は3歳牝馬の頂上決戦、優駿牝馬オークス、そして中京では帝王賞に向けたダート中距離の戦い平安Sが行われましたが、どちらもG1の実績のある馬が勝ちました✨

平安S 中京 ダート1,900m

勝ったのは1番人気に支持された松山騎手騎乗のテーオーケインズ(牡5・高柳大)でした。先に抜け出した馬を並ぶ間もなく抜き去って2.1/2差。しかも59kgを背負っていてこの圧勝でしたから、このメンバーの中では抜けて強かった印象です。

血統は過去にも触れています⏬

母父マンハッタンカフェは昨年BMSとしてJRA重賞は最終的に7勝。今年もこれで4勝目です。BMSサイアーランキングも昨年初めて1桁順位でしたが、今年も調子が良さそうです。

さて本馬はこれで大井の帝王賞に向かうと思いますが、ダート中距離路線にはオメガパフュームチュウワウィザードがいます。帝王賞連覇に向けて順調に調整していって欲しいですね。

優駿牝馬 オークス 東京 芝2,400m

勝ったのは2番人気タイのルメール騎手騎乗、スターズオンアース(牝3・高柳瑞)でした。大外18番枠でしたが、距離ロスもあるであろう馬番の不利をものともせず、見事に差し切り。牝馬2冠を見事に達成しました。桜花賞までは1勝馬で善戦はするけれども勝ち切れないというタイプでしたが、馬が変わったかのように堂々たる差し切り勝ちでした。

血統は桜花賞の時にも触れています⏬

ルメール騎手自身も乗っていたスタセリタの牝系ですから、感慨深いものがあるでしょうし、スタセリタの娘のソウルスターリングでもルメール騎手は制していますから相性抜群ですね。

社台RHの所属馬ですが今回の勝利で1口あたりおそらく200万円以上の分配金が入って来るでしょうから、一口70万円のこの馬に出資された方が羨ましいですね。募集額の約10倍は賞金を獲得していることになりますからね💡サンデーRではなくて社台RHのこの馬に出資した方の目利きは凄いです✨本当におめでとうございます🎉そしてやはり40口は夢がありますね✨

ルメール騎手はこれが今年のJRA重賞初勝利❗️今年は過去に無いくらいJRAの重賞は勝てませんでしたが、しっかり大きいところを持っていきましたね。

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。