シルク エバーフレッシュ出走☆未知の芝2,600mでラストチャンスに賭ける☆

おはようございます。

こちらもラストチャンスのシルクのエバーフレッシュ(牝3・松永幹)ですが、今回は大幅に条件を変更して芝の長距離戦です。

●《 エバーフレッシュ 》●

  • 2022.08.25 所有馬情報在厩場所:栗東トレセン
    調教内容:24日に栗Pコースで時計
    次走予定:8月28日の小倉・芝2,600m〔松本大輝〕

    松永幹夫調教師「今週は小倉競馬場までの輸送に備えていますが、24日の追い切りは悔いが残らないよう、ポリトラックコースで終い重点で負荷を掛けて仕上げています。全体は83.2秒とそこまで目立たないものの、ラスト1ハロン11.9秒と、この馬なりに最後まで長く脚を使ってくれました。前走のレース内容から、同じ条件を使ったとしても砂を被って追走で一杯になってしまうことが考えられますから、今回は芝の長距離戦で出走させることにしました。芝ならキックバックを嫌がることなく流れに乗っていくことが出来るはずですし、松本大輝騎手には斤量差を活かして、途中から動いて消耗戦に持ち込むようなレースを心掛けてもらい、何とか勝利へ導いてもらいたいと期待しています」

2,400m戦では大敗だったので条件的には「うーん🤔」というところですが、松本騎手は2kg減ですから減量パワーに期待するしかないですね。

途中から動くように注文が出ていますが、そういった小技を使いながら消耗戦に持ち込んで粘るしかないですね。末脚はキレませんからね。

ここまで燻っていた良血馬も揃っていますが打ち負かせるでしょうか?

必勝祈願✨

*コメント及び写真の掲載についてはシルクホースクラブより許可を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。