先週の出資馬の結果【スティクス】

おはようございます🌻

先週はスティクス(牝4・武幸)が重賞アイビスSDに挑戦しました。

7/31 新潟11R アイビスSD 芝1,000m

スティクス(牝4・武幸)

直線レースでは不利と言われる内枠でしたが、スタートを決めると内ラチ沿いへ。内4頭、外14頭に別れる展開でしたが、最後はやはり外の馬が脚を伸ばして上位を独占でしたが、内を進んだ馬では再先着の5着となりました。

  • 2022.08.01 レース結果 7/31(日)新潟11R アイビスサマーダッシュ(GⅢ)〔芝1,000m・18頭〕5着[13人気]

    まずまずのスタートからスッと行き脚を付けると、内ラチ沿いに進路を取って1列目のポジションを確保します。残り1ハロンを過ぎるまで先頭争いを繰り広げ、最後は掲示板を確保しています。

    武幸四郎調教師「新潟競馬場までの輸送をこなしながらも馬体重の増減はなかったように、前走から間隔が詰まっていましたが、状態をキープして出走させることが出来たと思います。4番枠を引いてしまったことから、菜七子(藤田菜七子騎手)は腹を括って内ラチ沿いから競馬をしようと考えていたようで、開幕週で内目の馬場もそこまで傷んでいなかったですから、その判断は間違っていなかったと思います。何よりも、スタートを出てからこれまでよりも楽に行き脚が付いて、直線競馬でも前目のポジションを無理なく確保できたことに、成長を感じましたね。その後もモタレることなくリズム良く進めることが出来ましたし、最後は外ラチ沿いを走っていた馬たちに先着を許す格好となってしまいましたが、枠順の差を考えればよく掲示板を確保してくれたと思います。荒れた馬場だと進みが悪くなってしまうものの、この舞台の重賞で上位争いに加われたように、馬場の良い条件を選んであげれば、このクラスでも遜色ない走りが出来ることを示してくれて良かったです。この後は暑い中で間隔を詰めて使ってきましたし、一旦リフレッシュさせる方向で考えています」

今回は本当に大健闘でしたね。これが外枠だったら…と妄想してしまいますが、これはタラレバですね。コメントにもあるように条件が合えば十分OPクラスでもやれることを示しました。

これで一旦放牧となりますが9月のコリアスプリントに登録しています。出走するのでしょうか?

コリアスプリントについてはまた後日解説します❗️

*コメント及び写真の掲載についてはシルクホースクラブより許可を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。