先週の出資馬の結果【ルージュレイア/レッドルピナス】

おはようございます。

先週は東サラ馬が2頭出走。JRAでの東サラ初勝利は…?

7/24 福島7R 3歳未勝利 芝2,000m

ルージュレイア(牝3・尾関)

大外16番枠からスタート。スタートも決まり好位でレースを運びます。内側が荒れている馬場ということで直線は外に出すかと思ったのですが、荒れた内側を通り、弾けず、8着/16頭に敗退となりました。

尾関調教師「短期休養を挟んでプラス体重でいけるかと思いましたが、輸送や暑さもあって体は減っていましたね。それでもパドックでは覇気もあり、好調といえる状態でレースに臨むことができたと思います。隊列が分かれる形になりましたが、スタートを出てくれて外枠から上手く前目の好位置を取ることができました。道中もスムーズな立ち回り。開催が進んで痛んだ馬場は合うと見込んで直線でも内側を選んでくれましたが、距離なのか馬場なのか最後は伸びあぐねてしまいました。2着馬以外で掲示板に載ったのは後ろから進めた馬たちといった競馬の中、前で競馬をしたレイアは頑張ってくれたと思います。ただ、田辺騎手も結果的には外に進路を取っても良かったと話していたように、いい形で競馬ができていただけに悔しいレースになってしまいました。まずは上がりの状態を見ながら今後の予定を決めさせてもらいます」

この時期に優先出走権を得られなかったのは結果として痛いですね。距離も合っていなかったのではないでしょうか?それか少なくとも牝馬限定戦でないと今は厳しいでしょうね。

7/24 札幌12R 3歳以上1勝C 芝1,500m

レッドルピナス(牝5・辻野)

内枠狙いでしたが、その通りに4番枠をゲットし、スムーズにレースを進めます。一瞬しか脚が使えないこともあり、最後の最後まで我慢させましたが、それでも最後は伸びず、崩れずで0.8秒差の4着/11頭でゴールとなりました。

辻野調教師「好枠を引いて、道中も内のポケットでうまくハマってくれましたし、3~4コーナーでもうまく捌けたように、競馬の形としては理想的だったのですが、やはり直線で追い出してからがジリッぽくて…。騎乗した吉田隼人ジョッキーは『促していけばもっといいポジションを取れたかもしれないが、出して行くとハミを噛んで前のめりになりそうだったので、恐らく位置を取りに行ったら終いは止まっていたはず。あの位置で我慢が利いたし、この馬なりにメリハリのある競馬はできたと思う。こういう競馬をしていれば大崩れはしないだろうが、うまくハマってもここまでが精一杯だっただけに、この距離で勝ち切るイメージは沸かない。かといって距離を詰めたらスピード的に苦しいと思うので、一か八かになってしまうものの、もう少し距離を延ばして一箇所だけ脚を使わせる乗り方をすれば勝つチャンスが出てくるかもしれない』とコメントしてくれました。優先出走権を獲得したので続戦といきたいところですが、目一杯走り切ったせいか上がりの歩様で右前と右トモを中心にかなり硬さを見せているだけに、千歳の社台ファームへ一旦放牧に出したいと思います。回復が早ければ短期で戻して権利が有効なうちに使うことも考えるつもりです」

理想通りの競馬でこの結果は辛いですね。5歳牝馬ですから残りの競走生活は約半年。この感じだと全うさせるでしょうから、少しでも可能性を見つけて欲しいですね。

このまま北海道に残って札幌開催中に牝馬限定の芝2,000mがありますし、その辺りを狙ってみる感じでしょうか。

これで東サラのJRAでの連敗は続きますね…レッドシュヴェルトのデビューまでは難しいのかなぁ😭

*コメントの掲載については東京サラブレッドクラブより許可を得ています。

競馬予想なら!競馬最強の法則WEB


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。