先週の出資馬の結果【スノーグレース】

おはようございます。

先週はシルクのスノーグレース(牝3・中館)が東京で出走。未勝利勝ちの舞台で1勝Cにチャレンジしました。

6/11 東京7R 3歳以上1勝C(牝) ダ1,600m

スノーグレース(牝3・中館)

懸念していたスタートは決めることができ、先行しようと促しますがやめて中団で待機。直線に入ってからはズルズル後退。勝ち馬から2秒差の14着/16頭でした。

  • 2022.06.13 レース結果 6/11(土)東京7R 3歳上1勝クラス〔D1,600m・16頭〕14着[11人気]

    まずまずのスタートを切ると、道中は中団から追走して行きます。直線では馬群の間から脚を伸ばそうとしますが、ジリジリとした脚色で伸び切れず、後方で流れ込んでいます。

    中舘英二調教師「鞍上が跨るとガラッと雰囲気が変わってきてしまうので、馬場入りは一番後ろに回してもらい、可能な限り地下馬道でもジョッキーを乗せないことでテンションを上げないよう気を付けたことから、返し馬でも我慢が利いていたと思います。ゲート裏でもパニックになることは無かったですし、トレセンでの練習の成果もあり、スタートは五分に切ることが出来ました。ただ、馬群の中での競馬になったことで、道中は周りに意識が向いてフワフワしていましたし、自らブレーキを掛けつつ走っているような感じでしたね。それに多少であれば我慢できるものの、基本的に砂を被るのも良くないタイプですし、枠順的に仕方なかったですが、もっと大味の競馬の方が自分のリズムで走れて良いのでしょう。とは言え、馬群の中でも走れるようにならないと通用しませんし、今後も経験しながら慣らしていくしかないのかなと思います。杉原誠人騎手は、『フワフワしながら走っていて馬が本気で走っていないような感じでした。それでも、背中の感触は良いですし、芝でも良いのかなという印象を持ちました』と話していました。跨ったジョッキーは皆、背中の良さを褒めてくれますし、その乗り味の良さから芝でもとイメージするのだと思いますが、勝ち星を挙げているように基本的にはダートで良いのかなと考えています。着順こそ振るわなかったものの、返し馬やゲートでの振る舞い等を見ても、この馬なりに進歩を感じますから、再び良い走りをお見せ出来るように少しずつステップアップさせたいと思います。上がってきた時の様子はケロッとした表情をしていて、ジョッキーの言う通り頑張って走った感じはしませんでしたが、優先出走権も獲れなかったので、一旦牧場にお戻しする方向になるのかなと考えています」

背中がいい=芝向き?なのかはわかりませんが、中館先生の考えからするとしばらくはダートで行く感じですね。現状は通用する感じはありませんが、大味な競馬をするということは”ポツン”で大外を回すということですかね?展開の助けが必要になりますが、勝った時も外枠からいい脚を使いましたし、そういう乗り方もありかもしれませんね。

ひとまず放牧に出ますが安い価格の馬ですし、あまりに通用しないとすぐ引退になりそうな気もしますからこのクラスでも早く結果が欲しいですね。

*コメント及び写真の掲載についてはシルクホースクラブより許可を得ています。

無料で勝馬予想!
穴馬券を当てる!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。