先週の気になる馬【4/24-25】

おはようございます。

先週は日本の競馬はG1の中休みでしたが、香港でG1が開催されていました。

そして土曜日に岩田康騎手に対して制裁が科され、翌日から騎乗停止という稀な事態に。2Rにあった事象に対して6Rの返し馬の際に藤懸騎手に粗暴な態度を振る舞いをしたとのこと。いい大人ですし、息子さんもこの業界にいるんですから、もう少し考えましょうよ…

自分が日曜日のレースで岩田騎手に騎乗依頼をしていたオーナーだったら今後も考えないといけない事象だと思います。真剣勝負だからこそかもしれませんが、それに後のレースの関係ない馬まで巻き込まないで欲しいですね。

土曜日の新潟で行われたG3 福島牝馬Sはシルクのディアンドル(5牝・奥村豊厩舎)が勝利。3歳時にはスプリント戦線で活躍し、北九州記念までは7戦5勝2着2回というパーフェクト連対でした。その間にOP2勝、L1勝、重賞1勝で賞金を稼ぎましたが、その後は苦戦。昨年秋から中距離戦線に参戦して、今回は逃げ切り勝ちでした。叔父にデイリー杯を勝ったシェーンヴァルトがいる血統です。ここに来て中距離で活躍するとはまさかでしたが、血統ではルーラーシップ×スペシャルウィークですから決して短距離向きではありません。ルーラーシップの前向きな気性がスプリントで活きたのが、古馬になって落ち着いて中距離でも活躍できるようになったのかもしれません。

日曜日のG2 マイラーズCは上記の件で古川吉騎手に乗り替わりになったサンデーのケイデンスコール(5牡・安田隆厩舎)がゴール前の激戦を先切りで勝利しました。2歳から3歳のNHKマイルの激走までは活躍したのですが、その後は二桁着順続き、ただ5歳になって復活という鍋底型の成績を見せています。母父ハーツクライですし、近親にバランスオブゲーム、フェイムゲームという古馬になってからも活躍した馬がいるのでその成長力でしょう。そしてG2Winner血統にまた新たなG2の勲章が加わりました。

同じく日曜のオークストライアル G2 フローラSはシルクのクールキャット(3牝・奥村武厩舎)が好位から差し切り勝ち。オークスへの切符を手にしました。1400mで勝ち上がり、その後の重賞はパッとしなかったのですが、ルメール騎手騎乗のここは見事な勝利でした。募集の時に父スクリーンヒーローということで「牝馬のスクリーンヒーロー産駒は走らない」と思い、兄にトリオンフがいながらスルーした馬でした。ただ昨年のこのレースも同じスクリーンヒーロー産駒のウインマリリンが勝利していました。牝馬のスクリーンヒーロー産駒も見直さなければならなくなりましたね。

さらに香港ではQE2CをDMMのラヴズオンリーユー(5牝・矢作厩舎)が勝利しました。ドバイからの転戦でしたが、見事な勝利でした。オークス以来のG1勝利おめでとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。