先週の気になる馬【6/11-12】

  • 2022年6月12日
  • 競馬

おはようございます。

安田記念で東京競馬場5週連続G1も終わり、ひと段落した感じがありますが、今週はいよいよ宝塚記念で上半期の総決算ですね💡

先週はその間のG1のない週でした。

函館スプリントS 函館 芝1,200m

勝ったのは浜中騎手騎乗の1番人気ナムラクレア(牝3・長谷川)でした。重賞も勝っていて桜花賞3着の実力なのにここでは斤量50kgでしたから楽勝でしたね。2.1/2差をつけました。

血統的には父ミッキーアイル 母父Storm Cat といういかにもスピードがありそうな血統です。やはりミッキーアイル産駒は“牝馬” ですね。本馬とメイケイエールで産駒重賞独占ですからね💡ちなみに牡馬の獲得賞金上位にはデュアリストウィリアムバローズがいますが、どちらもダートでOPを勝っています。=牝馬ダート牡馬という考えが良さそうですね。クラブ募集でも頭数は少ないですがミッキーアイル産駒はいますよね!シルクでもマローディープの半弟がミッキーアイル産駒で募集予定でしたね。お母さんもダートホースでしたし、ダートで活躍してくれるかも?

エプソムカップ 東京 芝1,800m

勝ったのは岩田康騎手騎乗の4番人気ノースブリッジ(牡4・奥村武)でした。先行して他馬が外から押し寄せる中、馬場の真ん中を抜けて押し切りました。

血統的には父モーリス 母父アドマイヤムーンです。祖母にビックテンビーの名前がありますので、叔父に高松宮記念、スプリンターズSを制したローレルゲレイロがいる血統です。母父アドマイヤムーンの産駒としては重賞初制覇ですね💡

ノースブリッジはヴァイスメテオールが制したラジオNIKKEI賞で3着でしたね。その後に2勝C、3勝Cを東京で勝って今回の重賞制覇となりました。ヴァイスと一緒に走っていた馬の活躍でしたからなんか感慨深いものがありましたね。

岩手競馬を買うならオッズパーク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。