先週の気になる馬【7/2-3】

  • 2022年7月3日
  • 競馬

おはようございます。

先週から本格的に夏競馬がスタートし、福島、小倉での開催も始まりました。

CBC賞 小倉 芝1,200m

勝ったのは今村騎手騎乗の2番人気テイエムスパーダ(牝3・五十嵐)でした。48kgの最軽量でハナを切るとそのまま後続を突き放して3.1/2馬身の差をつけてゴール。1:05.8の日本レコードを叩き出しました。今村騎手は重賞初騎乗で初勝利となりました。国分恭騎手が主戦の馬ですが斤量の問題でテン乗りとなりましたが、見事に結果を残しました。

父レッドスパーダはタイキシャトル産駒で1,400-1,600mの重賞を3勝しています。近親に米国の名馬カーリンがいる良血です。種牡馬としてはそもそもの産駒数が少ないのでなかな活躍馬が出ませんでしたが、これで産駒重賞初制覇となりました。

テイエムの竹園オーナーの所有馬でのJRA重賞勝利は今年は2勝目です。これは2012年以来10年ぶりです。オペラオーを見ていた世代としてはこの勝負服はなんかワクワクしますよね✨

ラジオNIKKEI賞 福島 芝1,800m

勝ったのは松若騎手騎乗の3番人気フェーングロッテン(牡3・宮本)でした。前走の白百合Sでは逃げ切り勝ちを決めましたが、今回は先行策でうまく内ラチ沿いを抜け出しての勝利となりました。

血統は父ブラックタイド、母ピクシーホロウということで昨年のスプリンターズSの覇者ピクシーナイトの半弟となります。また母父キングヘイローの産駒ですね💡今年はまだ重賞2勝目ですが新たな母父キングヘイローの重賞馬の誕生となりますね。

フェーングロッテンはサンデーRの募集馬で2,800万円(70万円×40口)で募集されました。ピクシーナイトの弟ですが募集時はまだピクシーナイトは未デビューでしたからこの値段でしょうし、父もブラックタイドということで据え置きな募集額となったのでしょうね。出資者の皆様はおめでとうございます🎉

【公式】100円で最高6億円のチャンス!
オッズパークLOTO


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。