先週の気になる馬【7/16-17】

  • 2022年7月17日
  • 競馬

おはようございます。

先週は函館で2重賞が開催されました。例年こんな日程でしたっけ?3場開催なのに土日で重賞が1つの競馬場のみだとちょっと寂しいですね。

函館2歳S 函館 芝1,200m

勝ったのは鮫島克駿騎手騎乗の4番人気ブトンドール(2牝・池添学)でした。2歳戦らしいバラバラっとしたスタートになり、ブトンドールも後方からのレースになりましたが、3〜4コーナーで仕掛けて、直線は粘るクリダームを交わしてゴール。JRAの世代最初の重賞制覇となりました。

父はビッグアーサーということで、父にとっての産駒重賞初制覇となります。この2歳世代が種牡馬として2世代目でしたが、初年度も65頭の出走で11頭勝ち上がりと地味ながら頑張っていますし、トウシンマカオが朝日杯FS、NHKマイルにも出走しました。そして2世代目の2歳は本馬ともう一頭勝ち上がっており、今回の函館2歳S含めて函館芝1,200mで3勝となっています。産駒の勝ち鞍を見てみるとローカルのレースが多いですから、平坦向きなのかもしれませんね。

函館記念 函館 芝2,000m

勝ったのは浜中騎手騎乗の7番人気ハヤヤッコ(牡6・国枝)でした。雨で重馬場という状況で、馬が走ったところはかなり掘れていて特殊な馬場状況でしたが、勝ったハヤヤッコは流石にダート重賞ウイナーといった走りで道悪も苦にせず見事に勝ち切りました。2019年のレパードS以来の重賞勝利です。

父はキングカメハメハで母父クロフネのシラユキヒメ牝系で叔母がユキチャン、従姉妹にソダシ、近親にメイケイエールとここ最近で1番活気がある血脈じゃないでしょうか?

タイム2:03.6は近年ではかなり遅いタイムでしたからいかに特殊な馬場だったかということを示しています。この後はどうするんでしょう?ソダシと共に札幌記念に参戦なんてこともあるのでしょうか?

【公式】100円で最高6億円のチャンス!
オッズパークLOTO


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。