先週の気になる馬【7/9-10】

  • 2022年7月10日
  • 競馬

先週は小倉と福島で重賞2競走が行われました。

プロキオンS 小倉 ダ1,700m

プロキオンSが小倉1,700m?とまだ慣れませんがこれも今年で終わりで来年からは京都競馬場の改修も終わって、おそらく中京に1,400mに戻るでしょう。

勝ったのは川田騎手騎乗の4番人気ゲンパチルシファー(牡6・佐々木晶)でした。先行して早めに抜け出して後続の猛追を凌ぐ競馬を見せました。人気馬は本馬以外総崩れで2着〜6着に2桁人気馬が入り、1〜3番人気は2桁着順に沈みました。いかにも夏競馬という波乱。調整の難しさなどもあるでしょうね。

本馬の父はトゥザグローリーで産駒の重賞は昨年のカラテ東京新聞杯以来となります。グリーンチャンネルでもお馴染みの津田麻莉奈さんが大好きな馬ですよね✨まりなるさんを応援している身としても嬉しい😊

七夕賞 福島 芝2,000m

勝ったのは田中勝春騎手騎乗の6番人気エヒト(牡5・森)でした。大外枠でしたが、道中は中団前めにつけると4コーナーではスルスルと上がってきてあっさりと前を捉えてしまいます。そしてあとは突き放す強い競馬でした。ハンデ戦でしたが後続に2.1/2馬身つけて快勝でした。平井オーナーはTwitterをされているのでそこで知りましたがJRA重賞は初勝利でした✨おめでとうございます🎉生産の白井牧場さんもハクサンムーン以来久々のJRA重賞勝利ですね。おめでとうございます㊗️

本馬の父はルーラーシップ 母の父がディープインパクトということでキセキと同じ配合ですが、同じレースに出ていたアンティシペイトとも同じ配合になります。そのアンティシペイトは福島民放杯(L)も勝っていて、今年の七夕賞でも3着に入りました。福島コースと相性がいい配合なんでしょうか?

エヒトはサマー2000シリーズ制覇を狙うのでしょうか?

ルーラーシップはキセキ、メールドグラース以降G1馬を輩出できていませんが毎年コンスタントに産駒が活躍していますし、面白い種牡馬だと思うのでぜひ出資してみたい1頭ではあります❗️

無料の競馬のコミュニティ【ウマスマ】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。