先週の出資馬の結果【3/13-14】

おはようございます。

先週は3頭の出走がありました。

まずは土曜日に大雨の中の中山7R 3歳1勝クラス 芝2000mに出走したヴァイスメテオール(3牡・木村哲厩舎)です。鞍上はルメール騎手です。馬場は不良でした。

2 ヴァイスメテオールは若干出遅れ。その後はまさかの後方待機!
向正面から3コーナーにかけても後方2、3番手
直線入り口。先頭から6、7番手。9 ビッグリボンと並んでいて、外から行くのか?届くか?この馬場で?と半信半疑でした。というか半ば諦めていました。
ここでルメールJは内を選択。人気を分けた10 アンダープロットを交わします。
ここからは一頭だけ次元が違う脚でどんどん前を交わしていきます。
最後は3馬身離してゴール!!!

お母さんも道悪が上手かったですが、しっかりとこの馬にも遺伝していました。一頭だけ水掻きがついているようでした。ルメールのゴール後のアクションも印象的でした。何かを感じたんでしょうか?平場ではあまり見たことがない光景でした。もしかして気に入ってくれたのかな?レース後のインタビューでも「絶対的な能力がある」とのコメントでした。

おそらくダメージを考慮して放牧後にダービートライアルのG2 青葉賞あたりを狙うのではないでしょうか?賞金的には皐月賞は難しいですし。それにキンカメ産駒、母父キングヘイロー、母母父トニービンなのでまだまだこれからの馬だとも思いますので無理せずに臨んで欲しいですね。愛馬初の2勝馬の誕生です!しかもこれでクラシック出走の可能性はまだ繋がります!ルメールが継続騎乗してくれると嬉しいですね。

日曜日の中京5R 3歳未勝利 芝2200mに西村淳騎手で出走したバラキエル(3セン・大久保龍厩舎)は9頭立の8着。確かにビリにならなければスリーアウトのリーチは免れると書きましたが、本当にそれだけになってしまいました。先行できた点は収穫だったと思いますが、最後の直線は全く見せ場なく、ただ下がっていくだけでした。他馬に寄られると怖がっているようにも見えました。ちょっとこの馬については諦めムードですね。3500万のカナロア産駒が…

日曜日の阪神11R G2 フィリーズレビューに吉田隼騎手と出走したスティクス(3牝・武幸厩舎)は大外18番からのスタート。今回は他に早い馬もいて、ハナは譲る形になりました。

4コーナーでは先頭を伺う18 スティクス
残り200mまでは先頭でしたが、8 ヨカヨカが襲いかかり交わされました。

最後まで粘りましたが、7着でゴールしました。

1200mまでは頑張ってましたから、今後はスプリント路線で頑張って欲しいですね。できれば早めに2勝目をあげて欲しいので4/17の新潟 芝1200mの雪うさぎ賞あたりどうですかね?新潟への振替になったことで関西馬には非常に有利になるはずですし、平坦ですのでスピードを活かせると思います。

全馬完走お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。