崖っぷちの3歳未勝利馬たち

おはようございます。

2歳馬も続々デビューしている中で厳しい戦いを強いられているのが現3歳の未勝利馬です。3歳未勝利戦が終了するのは9月の頭ですから、残された期間は約3ヶ月です。しかもレース自体は毎週それなりにありますが、適距離、適コースのレースを選ぶとなると出走自体が難しくなってくるので、少なくとも優先権を取る、つまり5着以内には入っておくというのが重要です。そうは言っても何戦も続戦はできませんし、仮に優先権を取れなければ節を空ける必要がありますから、いずれにしても残り2、3戦が鍵になってくると思います。特に未勝利戦の終了が近づけば近づくほど優先権を持った未勝利の中でのレベルの高い馬同士の戦いとなるので勝ち上がりが難しくなります。

そんな中で私の現3歳出資馬は5頭いて、スノーグレース(牝3・中館)、ライリッズ(牡3・宮田)の2頭は勝ち上がっています。今日は残された3頭の状況を見てみると共に勝ち上がり向けての期待度を出してみたいと思います。

ルージュレイア(牝3・尾関)

戦績:5戦0勝

デビューは昨年8月の札幌芝1,500mで6着。その後芝中距離、ダートと転戦して最高は新潟ダート1,800mでの4着と前走の東京ダート1,600mでの4着。特に前走はルメール騎手まで手配して臨んだのですが、パサついたダートはやはり合わない様子。まぁ小柄で非力ですからしょうがないですが、かといってワンぺースなので芝の高速決着も厳しそう。現状雨乞いをして順番を待つしか無さそうです。

距離はルメール騎手からは1,600mが合っているということですから、1,600m-1,800mくらいがベストなのかもしれません。雨を願うなら夏の北海道は難しそうですし、夏の福島、新潟の牝馬限定線で結果を残すしか無いかもしれません。

エバーフレッシュ(牝3・松永幹)

戦績:4戦0勝

デビューは昨年12月の阪神芝2,000mで6着。その後2,400mにもチャレンジしましたが大敗。母系がダート、そしてハーツ産駒ということもあり、ダートに路線変更した初戦で3着に入り、ダート2戦目は5着でした。前走は左回りが向かなかったのか、ペースについていけなかったのか道中は置かれてしまいました。それでも最後には伸びてきてはいましたが、だいぶ勝ち馬からは離されました。

これまでの戦績を振り返るとレイア同様に牝馬限定のダート中距離でなんとか…という感じでしょうか。3着に来たレースでは早めに動いて好走しました。キレるタイプでは無いですからそういう乗り方でなんとかするしか無いかもしれません。鮫島駿騎手がここ2戦乗っていますが、コンビ継続で勝ち切って欲しいですね。

サパーダ(牡3・木村哲)

戦績:0戦0勝

こちらはデビューしていません❗️w

デビュー直前に骨折して休養していましたが、一応この世代の私のキャロットの最優先馬でした。ドゥラメンテ産駒で母はアルゼンチンの短距離G1ホースですからスピードはあるはずです。どこでデビューするのかはまだ不明ですが、ここまで未勝利戦が進むと逆にデビューできていなかった素質馬が勝つというケースも往々にしてあります。この馬にはそのケースを期待したいですね。

脚元の問題もありますし、母もダート短距離馬ですからダートで下ろすということが濃厚なんでしょうかね?募集額も4,000万円でしたし、血統も血統ながら順調に使えなかったということも考えると仮に勝ち上がれなくても地方へ転厩してJRA復帰を目指すというルートもあるかも?

ところが順調に復帰できるかと思っていた矢先に右前の蹄に熱感が出たとのこと。最悪このまま引退もあるかもしれません…

振り返ると見事に各クラブに1頭ずつ未勝利がいるという状況ですね。勝ち上がりの期待度ということでいくと、

サパーダ > ルージュレイア = エバーフレッシュ

という感じですかね?

よりによってシルクの抽優馬のエバーフレッシュ、キャロットの最優先サパーダと上位指名した馬が現状未勝利😭逆に言えば一般で取れたような馬でも活躍のチャンスがあるということですね。

もちろん全馬勝ち上がりを期待していますが、1頭でも多く勝ち上がって欲しいですね🙇‍♂️

*写真の掲載についてはキャロットクラブより許可を得ています。

楽天競馬


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。