昨日に引き続き、今度はキャロットの2019年産を振り返る

おはようございます。

昨日はシルクの2020年1歳募集(2019年産)の私のランキング上位3頭が無事勝ち上がりました❗️という記事を書きました。じゃあキャロットはどうだったんだろう?と思って見てみました。

ランキングはこちら⏬

1位 サパーダ(牡3・木村哲) 未出走 引退

2位 ディエルメス(牡3・国枝) 3戦未勝利 引退

3位 フォースクエア(牡3・池江) 4戦1勝

これは酷いですねw

上位2頭が怪我で引退となってしまいました。ディエルメスは色々な条件で3戦使われましたが掲示板にも入れず怪我で引退。サパーダは1戦も走ることなく引退。カナロア産駒とドゥラメンテ産駒、出資した方はもちろん大きいところを期待して出資したと思いますし、それだけのバックグラウンドはあったと思います。ただ怪我までは読めませんでしたね…もちろんサパーダのある程度の立ち繋は認識していましたが、馬体が分かる人は将来の怪我のリスクまで分かるんですかね?教えてください!

唯一勝利を挙げているフォースクエアは新馬を勝ち、2戦目にはきさらぎ賞にも挑戦しましたが6着。リステッドの白百合Sで4着と良いところまでは行くものの勝つには至らず。6月に1勝Cに挑戦するも8着に敗退。なんとか立て直して欲しいですね。

この年のシルクではこのランキングに従わずに欲しい種牡馬の産駒に行ったのですが、キャロットはランキングに従った結果痛い目を見ることになりました。

このリストも毎年ちょっとずつアップデートを重ねて作っているので今年のシルク、キャロットもどういった順位になったか、募集が終わってから発表してみたいと思いますし、その後の結果も見て行きたいと思います。

無料の競馬のコミュニティ【ウマスマ】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。