東サラ残口ありで検討中の馬

おはようございます。

私の加入しているクラブは東サラ、シルク、キャロットですのでキャロットの募集が終わる9月末でほぼ全ての出資馬が確定しますが、その時点で思ったより出資ができていなかった場合や、予算に余りがある場合に出資を検討している東サラの馬がいます。

それがアンジュパッセ20です。

馬格も問題ないですし、管囲に関しても20cm以上あるので大丈夫です。

生産が奥山牧場さん、育成ファンタストクラブさんということであんまり人気がなさそうですが、血統的にはダーレーの馬です。

父のアメリカンペイトリオットはダーレージャパンが導入している種牡馬ですし、JRAでも産駒が勝ち上がりを決めています。

2代母ピクシープリンセスはダーレー生産で日本で走ったディープインパクト産駒でエリザベス女王杯でも3着に来たように日本での実績があります。そこに欧州の名種牡馬シャマーダル(ダーレー所有)を掛け合わせた母の初仔になります。シャマーダル産駒は2歳戦から活躍していたピナトゥボやフランスダービーを制したロペデヴェガなど早期から結果を出せる産駒が多いですが、そこにWar Front直仔のアメリカンペイトリットを父として迎えたこの馬もおそらく2歳戦から活躍できると思います。

ファンタストクラブの育成馬については先日のCBC賞を勝ったファストフォースなど毎年重賞馬を出していますし、全くダメという訳ではありません。

今後の同行次第ですが、引き続き注目をしていきたいと思います。

楽天競馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。