東サラ2022年度1歳馬募集の満口&残口ありで気になる馬

おはようございます。

東サラの先行抽選も終わり、23頭が満口となりました。

私はなんとか先行抽選期間は申し込みをせずに耐えることができましたw

私が欲しかった馬の上位2頭、レッドシェリール21ヴゼットジョリー21も満口になりました。

ただ3番手に挙げていたジョリージョコンド21は「締切間近」の警報が出てはいますが、まだ残ってはいます。育成先が社台、ノーザンではないという点も嫌われている要因かもしれませんね。ただ兄弟も勝ち上がっていますしドゥラメンテ×欧州型ですから面白いと思います。

あとは4番手に挙げているシアードラマ21も残っていますね。こちらも警報が出ていますのですぐに満口になるでしょう。社台F生産でキズナ産駒の牝馬ですからね。キズナは現状牝馬の方が大きなところは勝っていますし、母は北米G1ホースで血統も申し分ないですし測尺も問題ないです。

あと個人的に上位にランクインしている馬では8位Tのレッドオルガ21がいます。母の初仔ですからちょっと現状は小さいですが十分成長の余地があります。値段が高いのがネックではありますが、名門藤原英厩舎で祖母が名牝エリモピクシーです。母の兄弟はマイル戦線でどの馬も活躍しましたからこの馬も父カナロアですし、マイルでの活躍が期待できるのではないでしょうか?

残っている馬を見ているとどうしても測尺が小さめの産駒は残っている状況ですね。こういう馬はしばらく様子見されそうで、まだまだ満口にはならなそうですね。

締切間近の馬もこれからシルク、キャロットの募集がありますから、そこまで残ってそこで馬を取れなかった人が集まるという可能性もありますね💡個人的にもそこまで残ってくれていて、シルク、キャロットで馬が取れなければ行ってみたいですね。

地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。