福島競馬場観戦記

おはようございます。

夏の福島競馬が開催中ですが、私は7/9の競馬に現地参戦してきました。

それもこれも愛馬サンデュエル(牡2・栗田)のデビュー戦を見守る為です。愛馬のデビュー戦を現地で見るのは初めてでした。

こちらがパドックを周回するサンデュエル。当日486kgでしたがしっかりした馬体だなぁと感じました。

こちらが周回動画になります。

肝心のレースは出遅れて6着止まりでしたが、もともとダートでと思っていたのでそこまで気にしていません。勝ったのはラフィアンのマイネルズーメンでしたが、迫力のゴール前はこんな感じでした⏬

ゴール前を確保できたのでこんな感じで撮影できました。他の競馬場だとなかなかここまでの距離感で撮影するのは難しいのではないでしょうか?これもローカルならではです。カメラを本職としている方(バズーカ持ち)も隣にいましたが場所取りもそんなに激しくなさそうでレースのちょっと前に行けばこんな感じの写真が私レベルの人間でも簡単に撮れます。

夏の福島競馬の有観客開催は2019年以来ですから久々に私も夏の福島に参戦しましたが、行ってみた感想として、かなり賑わっているなぁと感じました。私が訪問したのは土曜日でしたので、午前中1、2レースはまだ空いていましたが3レース目くらいからパドックも人だかりができていました。

1階のフードコートも覗いてみましたが、コロナ前ほどではありませんが賑わっていましたし、普通に客席でも飲食ができますからそんなに気にしていないのかなという感じで、元の生活に戻りつつある感じがしました。

私が見た感じでは特に大声を出しているような人はいませんでしたが、当日のメインで落馬があった際にはヤジも飛んでいたようですね。大声を出すことは禁止されていますし、子供もいますからヤジは良くないですね。

当日私はスマートシートに座りましたが、スマートシートの意味を分かっておらず、指定席券が無いのにも関わらずスマートシートに座っているだろう方がちらほら注意されていましたね。この辺りは慣れの問題ですかね?

今度は秋の開催になりますが、その頃にはもっと制限が無くなっている世の中になっていればいいのですが。

そしてやはり夏はせめてもう一つくらい福島に重賞が欲しいですね。後半2週間重賞が無いというのは本場開催として寂しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。