2歳出資馬の現状-5月中旬【キャロット編】

おはようございます。

最新の2歳馬情報の更新があったので記載したいと思います💡

キープスマイリング(牝2・武井亮)

  • 22/5/13  NF早来 この中間は週3日、坂路でハロン14~16秒のキャンターと周回コースでのキャンター1200mを中心に乗り進めていましたが、現在は心身のリフレッシュ目的で周回コースでのキャンターやトレッドミル調整といった軽めの内容に留めています。様子を見ながら坂路調教を再開していく考えですが、まだ幾分重さの残る格好をしていることもあり、脚元には気を付けつつジックリ本数を乗ることで、馬体にメリハリを出していきたいと思います。馬体重550kg

ハートループ(牝2・池添学)

  • 22/5/13  NF早来 獣医師による定期のチェックでも良好な経過が確認できており、この中間はウォーキングマシンかトレッドミルでの調整を行っています。トレッドミルではダク調整を経て、現在はキャンターペースを開始するなど、いい意味で変わりなく日々の運動を取り入れることができています。このまま調教負荷に慣らしつつ、更なるペースアップに備えていきます。馬体重496kg

ハイアーレルム(牝2・安田隆)

  • 22/5/13  NF早来 坂路での乗り込みを重ねても状態はいい意味で変わりなく推移しており、この中間は週3日、坂路でハロン15~16秒のキャンターを行い、それ以外の日は周回コースでのキャンター1800mかウォーキングマシン調整を取り入れています。現在は週1~2本、坂路で15-15を行っていますが、獣医師による歩様チェックでは動き出しのスムーズさが増していると指摘されるなど、順調に良化を促すことができています。調教師とは本格的に暑くなる前の移動を目指す方向で相談しています。馬体重502kg

バロンゾラーレ(牝2・久保田)

  • 22/5/13  NF早来 現在は週3~4日、坂路でハロン15~16秒のキャンターを行い、それ以外の日はトレッドミルでのキャンターかウォーキングマシンなどの軽めの調整を行っています。登坂ペースを速めてもトモの疲れが目立ってくることはありません。また、前肢に関しても前腕の張りなどにより気を払っていることもあって、まずまずの状態を保ちながら乗り進めることができています。馬体重498kg

ラッフィナート(牡2・藤岡)

  • 22/5/13  NF空港 現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本登坂しています。引き続き、良いイメージを持って乗り進めており、この馬なりに順調な調整過程を歩むことができていると言えそうです。移動は秋以降と考えていますので、じっくり乗り込むことで芯からしっかりさせていくつもりです。馬体重462kg

こう見ると牝馬はみんな500kgを超えそうですねw

もちろん入厩すれば絞れてくるでしょうが、馬体重のことで困ることは無さそうです。まぁそれが一つの狙いで、出資の基準にもしていたので当然と言えば当然ですが。

さて、今回は移動のワードにハイライトを入れてみました。シルクは移動済みの馬がいる中でキャロットはまだ1頭もいません。ただハイアーレルム、ラッフィナートには今回具体的な目標が出てきましたね。ハイアーレルムが思ったよりも早そうで良かったです✨一方で調教の進捗が早かったキープスマイリングはもう少し先になりそう。バロンゾラーレはPOG本などを見ていると移動せずに北海道デビューがありそうですね。

*コメント及び写真の掲載についてはキャロットクラブより許可を得ています。

◆毎週の大川無料重賞情報
パーフェクト大川慶次郎会員


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。