2021ブリーダーズカップ日本馬回顧

おはようございます。

日本時間11/6、7で開催された本場米国のブリーダーズカップ。日本馬は矢作厩舎所属のクラブ馬2頭が勝利を収めました。まずはBCフィリー&メアターフに出走したDMMのラヴズオンリーユー(5牝・矢作厩舎)が直線でマイシスターナット、ウォーライクゴッデスの間を突いて残り100m位で抜け出し勝利を収めました。これが日本馬による初のBCの制覇。しかも川田騎手はこれが海外G1初制覇ということで、これは意外でした。米国の芝路線の馬相手であれば十分チャンスはあると思っていましたが、小回りコースで直線が短いということが地元米国勢有利に働くとも思われました。実際2、3着は米国馬でしたし、3コーナーから捲って仕掛けるという乗り方は小回りで乗り慣れているからこそのレースぶりでした。しかしそれを捻じ伏せた訳ですから強かったです。曽祖母ミエスクはBCマイル2勝していますから、血が騒いだのかもしれません。そしてこの馬はG1 3勝目となりましたが、そのうち2つは海外G1ですし、別々の場所で勝利しているというのが凄いです。2020年シーズンは勝利が無かった馬ですが、2021年は絶好調。しかも京都→ドバイ→香港→札幌→アメリカ→香港(予定)で移動を繰り返しながら現状5戦3勝で全て馬券圏内ですから本当にタフです。

そしてもう一頭がBCディスタフに出走したキャロットのマルシュロレーヌ(5牝・矢作厩舎)です。陣営のコメントをまずはどうぞ↓

  • 21/11/7  米国・デルマー競馬場 6日のデルマー競馬では道中は後方の位置取りで進める。3コーナーから前へと並びかけて早めに先頭に立つと、直線は2着馬の追い上げをギリギリ凌いで見事優勝。「調教師からはあまりペースが速ければ前に行かないよう指示が出ていたのですが、まずはゲートを普通に出てくれましたし、道中は前がかなりのペースで飛ばしていたのでそれを見ながら進めました。3コーナーからペースアップすると馬もそのままついていけましたし、外から被せられるのは良くないと思ったので、早いとは分かっていたのですが自分から動いていきました。最後はギリギリになりましたが、それでもちゃんと勝つのですから、彼女の力はもちろん、勇気と想いも強かったということでしょう。矢作厩舎の素晴らしいチームで勝てたこと、そして日本で応援してくれたファンのために勝つことができて良かったです。本当にありがとうございました」(マーフィー騎手)「こちらのダートがどうか半信半疑ではありましたが、そこまでの力差があるとは思いませんでしたし、どんな走りを見せてくれるか楽しみにしていました。ペースが速くなって前崩れになってくればという話をジョッキーとはしていましたが、道中は思惑どおりの流れでしたね。3コーナーでまだ持ったままでしたし、4コーナーは動くのがちょっと早いのでは思ったのですが、ゴールに入った瞬間勝ったと思ってみんなで喜びました。ただ、スローで見ると微妙でしたね(笑)。日本の馬でアメリカのダートレースを勝てるなんて本当に嬉しいですし、日本で応援してくれた皆様にも感謝しています。ありがとうございました」(矢作師)海外への輸送後の調整もすこぶる順調で、あとはのアメリカのダートでどんな走りを見せてくれるか楽しみにしていました。現地では低評価ではありましたが、道中は理想的な展開で、最後は早め先頭からギリギリ押し切って偉業を達成。しかも初めての海外遠征、それもブリーダーズカップという歴史のあるレースできっちり結果を出してくれましたし、その名を一気に世界へと知らしめたのではないでしょうか。まずはレース後の疲れを癒し、帰国に備えていきます。

米国特有のハイペースのレースになり、後方から進めたことが結果として功を奏しギリギリでしたが、見事優勝しました。正直こちらの方が個人的にはインパクトが大きかったです。だってダートの本場アメリカで日本馬がダートのレースを勝ったんですよ?しかもこの馬はダート重賞勝ちは地方のみでJRAでは3勝クラスを勝った後は平安Sの3着があるだけです。しかも血統も父がオルフェーヴルです。凱旋門賞2着が2回ある3冠馬の仔がまさかの本場米国のダートG1を制覇するなんて誰が想像したでしょうか?現地でも人気は無かったようですから驚きですよね。祖母がキョウエイマーチという日本で育まれた血からビッグレースを勝てたというのも嬉しさひとしおです。やっぱりオルフェーヴル産駒は面白いですね。こんなところで大物を出すとは。やっぱり魅力的な種牡馬ですね。クラブでの産駒募集が少なくなっているのが残念ですが、復活させて欲しいですね。

そして米国ダートは日本と全然ペースが違いますね。前半から飛ばして、そこからさらに加速するというスピードの持続力が求められるレース展開となって日本馬にとっては辛いですね。BCダートマイルが典型的で前半ついていけたジャスパープリンス、ピンシャンもレース後半は全くついていけませんでした。確かに勝ったライフイズグッドが異様に強いというのもあったと思いますが、これが本場の力だというのをまざまざと見せつけられたような気もしました。しかしそんな中でダートで風穴を開けたマルシュロレーヌ、そして日本馬初のBC制覇を達成したラヴズオンリーユーを称えたいと思います。出資者の方々おめでとうございました🎉

*コメント及び写真の掲載についてはキャロットクラブより許可を得ています。

最高12億円!Dokanto!販売!【オッズパークLOTO】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。