3歳馬最初の引退【サパーダ】

おはようございます。

3歳世代最初の引退馬が出てしまいました。

それがキャロットのサパーダです。

  • 22/6/22  引退「右前脚のケアを行いながらトレッドミルでのキャンターを継続してきましたが、その中にあっても歩様は悪化することなく安定していました。休養前は15-15でしっかり負荷をかけることができていたことや残された時間的なことを考慮し、この中間から試し乗りの意味も含めて坂路でのキャンターを再開したのですが、再び右前脚にハ行を呈してしまいました。レントゲン検査を行ったところ、右前第一指骨に新たな骨折が確認されました。難しさはあったものの直近までデビューに向けて順調に進めることができていただけに、何とか競馬場で走る姿をお見せしたかったのですが…。それを叶えることができず申し訳ございません」(早来担当者)「何とか間に合ってほしいと願う気持ちで態勢が整うのを待っていたのですが、今朝連絡がありました。今活躍しているドゥラメンテ産駒ということもありますが、それ以前に、声かけいただいたときから楽しみにしていた馬でした。デビュー直前まで進めたのですが除外で予定が延期になり、改めてデビュー戦に臨もうとした追い切り時に骨折してしまったという経緯がありました。私が直接携われていないときのことでもあったのでより複雑な思いで、会員の皆様には誠に申し訳なく思っております」(木村師)2歳10月上旬の美浦トレセンでの調教後に右前第一指骨の骨折が判明し、当日の夜にトレセン診療所でボルト4本で固定する手術を行いました。診療所を退院した後は、北海道でリハビリが進められ、今年の5月には坂路で15-15程度を乗るまで進めることができていました。このまま帰厩に向けて速めを調教をコンスタントに重ねていければと考えていたところ、右前脚の捌きに硬さを見せるようになってきました。その時点ではハッキリとした所見は見られず、またレーザー等で治療を施したことで歩様は良化傾向にあり、残された時間と状態のチェックを兼ねて坂路にて軽めのキャンター調整を取り入れてみましたが、この中間に歩様が乱れてしまいました。精密検査の結果、右前第一指骨に新たな骨折が確認され、入厩前の段階で不安が出てしまったことと残された時間を踏まえて木村哲也調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様には誠に残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の皆様へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

デビュー直前に骨折。なんとか未勝利戦があるうちに復帰できそうなペースだったのですが6月に入ってから怪しいコメントが出だし、そして再度の骨折が発覚し、未出走での引退となってしまいました。愛馬の未出走引退は初めてです。

この世代のキャロットの最優先でしたし、何ならデビューできれば今からでも勝ち上がれるのでは?と思っていたのですが残念ですね。

原因は確実に”立ち繋”です。募集時はまだ許容範囲かと思っていたのですが、成長とともにどんどん立って来てしまった印象です。繋の角度は変わらないって聞いたんですけどね?

今年は愛馬の怪我。しかも引退になるような重傷が多いですね…

“無事之名馬”この言葉に尽きますね。

*コメント及び写真の掲載についてはキャロットクラブより許可を得ています。

地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。