MLB7月主なトレード

  • 2021年7月27日
  • MLB

おはようございます。

ここまでMLBで決まった主なトレードは以下の通りです。

CHC→ATL

Joc Pederson OF

ATL→CHC

Bryce Ball 1B

MIN→TB

Nelson Cruz DH

Calvin Faucher RHP

TB→MIN

Joe Ryan RHP

Drew Strotman RHP

TB→NYM

Rich Hill LHP

NYM→TB

Tommy Hunter RHP

Matt Dyer C

カブスは売り手に回るということが既に出回っていましたが、その第一弾がPedersonでした。ブレーブスはAcuna Jr.の怪我もあり、外野手の補強が急務でしたのでPedersonの獲得に至りました。カブスに移ったBallはコンタクトにまだ課題が残る選手になります。A+でもまで.200そこそこの打率です。一応カブスに移籍後チーム内30位以内には入るプロスペクトにはなりますが、ブレーブスからすれば現状そこまでのプロスペクトを放出することなく経験豊富なPedersonを獲得できました。

TBはMINから41歳のCruzを獲得しました。DH専門になりますが、打撃は衰え知らずです。AL Eastはレッドソックスが強いですが、レイズもほぼ互角の勝負をしています。野手はベテランを獲得しましたが、レイズは投手はベテランを放出しました。

Hillをメッツへと放出しました。メッツは先発陣の怪我もあり、補強が必要でした。逆にレイズは大丈夫かな?と思いましたが、そもそもオープナーなど多用するチームですからしっかりした先発の枚数は要らないですからね。

そしてここに記載していないトレードがSDとPITの間で行われました。

そちらについては改めて書きたいと思います。

最高12億円!Dokanto!販売!【オッズパークLOTO】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。