サンドクイーン20出資理由

おはようございます。

このシリーズもラストですが、逆に一番気になる1次募集不人気馬のサンドクイーン20です。

過去のモルジアナ20コーステッド20については↓をご確認下さい。

こちらは私のポイント制でMAX48点中30点でした。ちなみに30点以上の馬にしか申し込んでいないので本当にギリギリのラインで、ちょうど30番目のランクインでした。

人気がない理由は

①桑田牧場生産 ②セレクト価格2200万円に対して募集額が高い

といったところでしょうか?馬体的には何にも問題ありません。

血統はこんな感じです↓(netkeiba.comより)

この馬は血統の魅力は過去紹介した馬の中では一番あるのではないでしょうか?ロードカナロア産駒の国内外G1ホースの4/5は母がサンデー系+Special牝系のノーザンダンサー系種牡馬(ヌレイエフ、サドラーズウェルズ、フェアリーキング)です。この馬はゴールドアリュール+ヌレイエフ×2で条件を満たしています。母父ゴールドアリュールという点やフェアリードール牝系のダート適正の高さからダート馬なのでは?というのも嫌われた要因だと思います。個人的にはダートの中距離馬になってくれても構いませんが、芝でも全然問題ないと思っています。ゴールドアリュール自身はダービー5着ですし、半弟ゴールスキーはマイルチャンピオンシップでも3着に来ていますからダート一辺倒の馬ではなかったと思います。フェアリードール牝系はダート以上に上級クラスでは芝で活躍している馬が多いです。ですので母は確かにダートで勝っていますがまずは芝から動かして欲しいと思っています。

桑田牧場生産については母の元々の馬主であるKTレーシングのいざこざで縁故のあった桑田牧場がこの馬を繋養しているだけだと思いますし、母の生産自体はノーザンファームですので母系はしっかりしています。そして現在もノーザンファームイヤリングにいるように、セリでの購入後はノーザンファームで預かっている訳ですからほぼノーザン生産と言って良いのではないでしょうか?

値段の部分にも関わりますが、この馬は昨年のセレクトセールの当歳セッションでの落札ですから1年以上ノーザンで預かっている訳ですので、セリでの購入価格に預託料や手数料、ノーザンファームも利益を上乗せされての価格だと思います。2019年の種付け料1500万円のロードカナロアの牡馬が5000万円と考えれば安いくらいではないでしょうか?

その他の評価点としては↓

リーディング中位クラスの栗田厩舎

管囲20.9cm、募集時馬体重466kg、デビュー時予想500kgと馬体に数値面で問題なし

顔が好き

といったところです。

この馬は大穴だと思いますが自分の感覚を確かめる意味でも楽しみな一頭です。

これで3頭全ての紹介が終わりました。よく考えると東サラのハイドバウンド20も含めて全部関東馬になってしまいましたね。キャロットでは牝馬もそうですが、東西のバランスも考える必要がありそうです。

*写真の掲載についてはシルクホースクラブより許可を得ています。

パーフェクト種牡馬辞典2021-2022 馬券・POG攻略は万全!血統で競馬に勝つ! [ 栗山 求 ]
価格:2,750円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。