シルク スティクス出走☆アイビスSDで千直リベンジ☆

おはようございます。

今日はシルクのスティクス(牝4・武幸)がアイビスSDに出走します。2度目の千直レースになります。

●《 スティクス 》●

  • 2022.07.28 所有馬情報在厩場所:栗東トレセン
    調教内容:27日に坂路コースで時計
    次走予定:7月31日の新潟・アイビスサマーダッシュ(GⅢ)〔藤田菜七子〕

    武幸四郎調教師「やれば幾らでも時計が出る馬ですし、今週は新潟競馬場までの輸送が控えているので、27日の追い切りは坂路で終い重点の形を採っています。それでも全体が52.0秒と想定していたより好時計が出ましたし、最後も目一杯ではない中で12.5秒をマークしてくれましたから、仕上がりとしては申し分ないと思います。前走時と比較すると、右にモタれるところはそこまで気にならないですし、ここ最近の中では走りのバランスがとても良いですね。CBC賞では、開幕週の馬場で自分の競馬は出来たものの、さすがにあれだけ時計が速くなってしまうと厳しいですし、勝ち馬を早めに捕まえに行ってのものですから、それを考慮すればよく辛抱していたと思います。元々、スピードに乗るまで時間が掛かる馬ですが、韋駄天ステークスとCBC賞で高速馬場を経験していますから、これまで以上にスッと二の脚が付いてくると思いますし、直線競馬を得意としている菜七子(藤田菜七子騎手)なら、上手くエスコートしてくれるはずです。重賞でも十分通用して良い馬だと思っていますので、後は外目の枠を引いてこの馬のスピードを活かせるような競馬をして欲しいですね」

今回は藤田菜七子騎手を鞍上に迎えての一戦となります。愛馬に菜七子騎手が乗るのは初めてですね。コメントにもあるように前走は日本レコードのペースを追いかけて7着とよく頑張ったと言える内容だったと思います。前々走の韋駄天Sは同じ新潟1,000mでしたが流れにまだまだついていけませんでした。ここ2戦でスピード競馬を経験していますし、スタートは早い馬なのであとは菜七子騎手の手綱でなんとか残して欲しいですね。

枠が今回は内枠です。直線競馬では圧倒的に不利になりますね…一応開幕週でもあるので内ラチ沿いを通るという作戦も無くはないですが、どうでしょう?

無料で勝馬予想!
穴馬券を当てる!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。