パドレス通信 vol.5

  • 2021年4月10日
  • MLB

おはようございます。

現地時間4/1に開幕したMLBですが、ここまでのパドレスを振り返ります。まずは成績です。

4/1 ARI 8vs7 Win

4/2 ARI 4vs2 Win

4/3 ARI 7vs0 Win

4/4 ARI 1vs3 Los

4/5 SF 2vs3 Los

4/6 SF 3vs1 Win

4/7 SF 2vs3 Los

4/9 TEX 3vs0 Win

Total: G8 W5 L3

開幕3連勝スタートで、投手陣はかなりよく抑えていると思います。打撃陣はまだまだで、投手力でなんとか勝てているといった感じでしょうか。クロネンワース、ホスマー、マイヤーズなどは打撃好調です。逆にタティス、マチャドはまだ率も残せていない状況です。ただタティスは4/4の試合で今シーズン第1号のHRを打ちました。465ftの豪快な一発でした。動画は↓

https://www.mlb.com/video/tatis-jr-s-465-ft-home-run

ただ翌日…

スイングの際に左肩を脱臼した模様↓

https://www.mlb.com/video/tatis-jr-exits-with-injury-x4759

タティスはキャンプ中にも左肩を痛めていた模様。今シーズンは5試合で5エラーと守備でも精彩を欠いていましたが、その辺りも影響があったかもしれません。関節唇に亀裂が入っているとのことだが、今シーズンは手術をせずにプレーしても問題ないとのことで、とりあえずは10日間の故障者リスト入りしました。長期離脱もしくは今季終了の可能性もあるようで、早速長期契約の呪いが降りかかりました。2019年にもパドレスはタティスが離脱した後に大失速を喫しました。しかし、今年のチームは違うと選手たちも述べています。今後のSSの1stチョイスはキム・ハソンですが、ホルヘ・マテオ、クロネンワース、さらには元々SSのゴールドグラバーであるマチャドもいますのでバックアップも揃っています。全員でカバーしてタティスの奇跡の復活を待ちましょう!

そしてホスマーがNLの週間MVPに選出されました。勝負強い打撃は健在で、世界一も経験している男ですからタティスの穴もこの男が好調を維持できればある程度埋まると思います。

さらに4/9のTEXでは移籍してきたマスグローブがなんとノーヒットノーランを達成!今シーズンMLB初の達成、そしてパドレスの球団史上初のノーヒットノーランを達成しました!これはTOPPS NOWでカード化されると思うので注文するしかありません。何せサンディエゴの歴史に名を刻んだシーンですからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。