東サラ2021募集馬 厩舎・価格発表

おはようございます。

東サラの募集馬の厩舎、価格が発表となりました。

一番高額なのはレッドアヴァンセ2020の7400万円 一口18.5万円です。

母はG1 3着。父カナロア×母父ディープインパクトというBest to Bestとも言える配合。ノーザン産で厩舎も音無厩舎ですから人気にはなると思っていましたが、価格もなかなかですね。

一番安価なのはヌーベルバーグ2020の1000万円 一口2.5万円です。

母は1勝馬のディープ産駒です。叔母にパールコードがいるというなかなかな母系なんですけどね?パールコードはファハド殿下の持ち馬で秋華賞2着でした。個人的にもよく覚えています。父レッドファルクスで待望の東サラ募集ですから、価格も合間って人気になりそうです。厩舎も安田隆厩舎ですからね!

個人的には東サラではレッドファルクス産駒を狙っていたのですが、その1頭がまさかこんなに安いとは思いませんでした。もちろん申し込みますが、抽選覚悟ですかね。

もう1頭のレッドファルクス産駒、ハイドバウンド2020は尾関厩舎で1800万円とこちらも手頃な価格です。母はアルゼンチンの重賞2勝馬で、昨年は産駒がシルクで募集されていました。馬体次第ですが、第一希望はこの馬に使う予定です!

もう1頭気になっているのがレッドジゼル2020です。東サラと好相性の鹿戸厩舎で父サトノクラウン×母父アグネスタキオン。募集価格2800万円です。クラシックを意識できる血統だと思います。母父アグネスタキオンで脚元が気になるところではあります。

皆さんの注目していた馬の価格と厩舎はどうだったでしょうか?

今後のスケジュールは以下の通りです。

■ 6月21日(月)WEBカタログ公開(動画公開予定)
■ 6月21日(月)2021年度1歳馬募集お申込受付開始
  6月18日よりカタログ発送予定
■ 6月30日(水)12時までに1000口を超えた募集馬は受付終了(抽選を行います)
■ 7月06日(火)2021年度1歳馬募集受付終了(受付フォーム閉鎖)

今週末にはカタログが届くと思われますので、みなさんお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。