11月は全然愛馬が走らず、ただ12月には…

おはようございます。

今週で11月の競馬も終了しますが、皆さんの愛馬はどれくらい走りましたか?
私はというと

たった1戦しかしていません。10月で6月から続いていた連勝も途切れてしまいましたが、まだ出走が7回もあったのでそれなりに楽しめたのですが、1戦ではあまり楽しめなかったですね。そしてその1戦がタイムオーバーということもあり、賞金も22万のみ。今年他にも1戦しかしていない月が2月にありましたが、その時もフォアシュピール(セン4・小笠厩舎)が走っていますね。他の馬が走らないタイミングで出走してくれているのはありがたいですが、結果が全く伴っていないのが残念すぎます。

ただ12月には楽しみも待っています。スティクス(牝3・武幸厩舎)が3勝クラス2戦目を迎えます。前回は適距離ではない1400mでのレースでしたが、最後まで粘りましたし、0.2秒差の3着馬は既にOP入りを決めています。中山の急坂は前々走で経験済みでその時は勝利しており、同じ鮫島駿騎手を迎えて、得意の開幕週の1200mですから楽しみです。

そして命名馬ルージュレイア(牝2・尾関厩舎)も中山でデビュー2戦目を迎えます。初戦はまだ競馬を理解していないのか、反応がいまいちで6着。ただ勝った馬はその後重賞も勝っていますのでレベルはそれなりだったと思われます。前回1500mで今回1600mとなりますが、個人的には1800mくらいで見てみたかったです。母系はスピード血統なのでマイルも十分こなせると思いますが、トリッキーな中山マイルがどうかでしょう。鞍上は愛馬初騎乗の大野騎手になります。

そして1頭楽しみな馬がデビュー予定です。それがシルクの抽優馬エバーフレッシュ(牝2・松永幹厩舎)です。遅生まれのため、デビューが遅れることは折り込み済みでしたが、年内出走が叶いそうです。そして出走を予定しているのが阪神 芝2000mという牝馬にとってはなかなかタフなレース選択をしてきました。ただハーツクライ産駒ですのでゆったりしたペースの方が合うと思いますし、ここで好勝負してくれれば来年の樫路線に向けて弾みとなると思います。調教の動きが微妙ですがまだ時間はあるのでしっかり仕上げてもらいましょう。鞍上は西村淳騎手となりました。

気になっているのはエースのヴァイスメテオール(牡3・木村哲厩舎)です。菊花賞後に元所属の木村哲厩舎に戻ってきましたが、菊花賞の疲れるのを待って調教を開始しましたが、ペースはスローで馬体の回復がまだまだとのこと。如何せん木村調教師はこの馬には非常に辛口なので、どんな評価をされるかわかりませんが、まだ次走の目処は立てられていません。東京開催まで待ってOP競走を使うという選択肢もあるかもしれません。賞金を加算して大阪杯に出てくれることが春の個人的な目標です。

個人的には今年の一口馬主の成績が7勝ですので、可能なら10勝まで持って行きたいですが、そうなると出走予定の3頭には全頭勝利してもらう必要がありますね。。。いや、でも期待できる馬たちだと思います❗️

楽天競馬


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。