2歳出資馬の現状-6月中旬【キャロット編】

おはようございます。

今日はキャロットの2歳馬の近況についてです💡

キープスマイリング(牝2・武井亮)

  • 22/6/15  NF早来馬体重:552kg 
    現在は週3日、坂路でハロン14~16秒のキャンターを行い、それ以外の日は周回コースでのキャンター1800mを取り入れています。この中間も健康状態は良く、週2日は坂路で速めの調教を行うなど、思惑どおりに調教を進めることができています。少しずつ筋肉量が増してきたことで、さらに見映えのする迫力溢れる馬体へと変わってきており、今後も丹念に本数を重ねていくことで移動の相談を進めていきたいと考えています。

ハートループ(牝2・池添学)

  • 22/6/15  NF早来馬体重:494kg 
    トレッドミルでのキャンターをスムーズにこなしていたことから、現在は週3日、坂路でハロン17~18秒のキャンターを中心とした運動メニューへと移行しています。乗り出し再開後も右前脚を中心に状態は変わりなく推移しているので、今後は様子を見ながら坂路調教を進めていきたいと考えています。今のところメンタル面に変わった様子はないものの、乗り進めて体力がついてくると煩くなってくるケースもあるため、無駄な動きをしないように気を付けながら、日々の調教に臨んでいきたいところです。

ハイアーレルム(牝2・安田隆)

  • 22/6/15  NF早来馬体重:520kg 
    現在は週3日、坂路でハロン14~16秒のキャンターを行い、それ以外の日は周回コースでのキャンター1800mかウォーキングマシン調整を取り入れています。この中間は週2本、坂路でハロン14~15秒まで乗り進めるなど、順調に負荷を掛けることができています。厩舎サイドとは今月末から来月上旬にかけてNFしがらきへ移動させ、栗東トレセン入厩に備える方向で相談しています。

バロンゾラーレ(牝2・久保田)

  • 22/6/15  NF早来馬体重:496kg 
    この中間は週4日、坂路でハロン15~16秒のキャンターを行い、それ以外の日はトレッドミルでのキャンターかウォーキングマシンなどの軽めの調整を行っています。継続的に坂路で乗っていても馬体を保つことができており、以前よりも筋肉の張りが出て、見た目も良くなってきました。また、登坂時のフォームには少しずつ安定感が増してきており、ここまでは狙いどおりに良化を促すことができていると言えそうです。今後も現状程度のメニューでベースをしっかり固め、7月中には坂路で15-15をコンスタントに取り入れていけるようにしたいと考えています。

ラッフィナート(牡2・藤岡)

  • 22/6/15  NF空港馬体重:462kg 
    現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本登坂しています。まだ背中やトモに緩さを感じさせるので、じっくりと日々のメニューを進めるようにしています。適度にリフレッシュを挟みながら強弱を付けて動かしていくことで、芯からしっかりさせていければと考えています。

キープスマイリングは更に逞しい身体になってきているようでダートで楽しみではあるのですが、本当に脚元には気をつけて欲しいですね。「移動の相談」というワードが出てきましたが、そろそろ具体的な時期が出てくるでしょうか?

ハートループは頓挫がありましたが、坂路調教を再開できています。この血統は早めに始動して現状行き詰まるケースが多いのでゆっくり鍛えてもらいましょう。

ハイアーレルムはついに移動の時期が明記されました。デビューは小倉?秋の中京?

バロンゾラーレはPOG本でも期待されている馬ですし、初戦を勝ってクラシックを目指して欲しい馬です。7月中に15-15をコンスタントにということですが、北海道開催中に間に合うのでしょうか?

ラッフィナートは小さい馬ですし、ハービンジャー産駒ですから早くからというより成長力に期待ですね。

ちょっと出遅れていたキャロット組も移動の話が出てきました。この感じだと予想に反してハイアーレルムがデビューが早そうですかね?オークスには間に合って欲しい馬と思っていますから、まずは1勝✨

*コメント及び写真の掲載についてはキャロットクラブより許可を得ています。

無料の競馬のコミュニティ【ウマスマ】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。